ReMix Un Fleur blog

北千住の美容室からお店の日常や情報をお伝え致します

☆24時間簡単予約☆

~エネルギーに満ちた頭皮環境へ~

最新の研究で、脱毛の原因がかなり明確になってきました。

過去に、TGF-β1というタンパク質が

脱毛シグナル(信号)を出していることが判り、

この働きを抑える有効成分として、

ラムダカラギーナンという成分を配合した

発毛剤、育毛剤が多くの製薬会社から市販されています。

ただ、最新の研究で、脱毛シグナルには、もう一段階あり、

FGF-5というタンパク質が最終のシグナルを出している。

ということが見つかりました。

このFGF-5を抑える有効成分として

イオタカラギーナンが発見されています。

現在の研究では、この組み合わせが

最強の脱毛を防ぐ手段になります。

健康な髪を保つためには、

2つの側面から考える必要があります。

一つ目は「髪を育てる」(育毛)です。

農作物に例えると、畑(頭皮)の環境を整え、

髪という作物が育ちやすい状態にすることです。

二つ目は「脱毛を防ぐ」です。

最新の研究の結果、脱毛のメカニズムが

かなり明確になってきました。

この脱毛の原因を、いかに抑制できるかが重要です。

栄養分が豊かで健やかな大地には、

イキイキとした植物が育ちます。

頭皮と髪の毛の関係も同じです。

健康な頭皮環境を整えることができれば、

脱毛や薄毛で悩んでいる人の頭皮にも、

ハリ・コシのある丈夫な髪の毛が生える可能性は

十分にあります。

髪の毛根と呼ばれる部分には、

髪の成長や発毛に重要な役割を果たす

毛乳頭細胞や毛母細胞があります。

その毛乳頭細胞から必要な栄養素を受け取った毛母細胞が、

活発に分裂を繰り返して髪の毛を作ります。

そのため、毛乳頭細胞が弱って、

毛母細胞に十分な栄養素が行き渡らないと、

活発な細胞分裂ができなくなり、

丈夫な髪の毛を作ることができなくなります。

毛母細胞と毛乳頭細胞を健康に保つことが、

丈夫な髪の毛を作ることになります

そして、抜け毛や薄毛を予防・改善するには、

ヘアサイクル(髪の毛の一生)を

理解する必要があります。

ヘアサイクルには、3つの時期があります。

「成長期」 

髪の毛がどんどん作られていく時期です。

「退行期」 

毛母細胞の働きが低下し、髪の毛が抜ける時期です。

「休止期」

全く髪の毛が作られない時期です。

脱毛・薄毛で悩んでいる人のヘアサイクルは、

毛乳頭細胞と毛母細胞が弱くなっていいるために成長期が短くなり、

さらに髪の毛を作る力が弱まっているために休止期が長くなってしまいます。

これを繰り返すことが、薄毛の現象を引き起こし、

最終的に脱毛につながっていってしまうのです

そこで、、、話が長くなってしまうので、、

次回に続きます♪